政治家

秋元司の評判が悪すぎ!IRカジノ不正事件に関与?過去にも文春砲を受けた金の亡者だった!

2019年12月18日、秋元司衆院議員が特捜部に事情聴取された事が報じられました。

日本での統合型リゾート(IR)事業進出を計画していた中国企業が、不正に多額の現金を国内に持ち込んだ疑いがあり、秋元司衆院議員の元秘書2名が外為法違反容疑で家宅捜索をされています。

この事件に、秋元司議員は関与しているのでしょうか?

秋元司議員は、過去にも金にまつわる疑惑がありました。

秋元司議員について調べてみると、評判は悪すぎでした・・・。

秋元司の評判が悪すぎ!過去にも文春砲を受けた金の亡者だった!

秋元司が中国企業の現金不正持ち込みに関与?

秋元司 元秘書 文春

2019年12月18日、秋元司衆院議員が特捜部に事情聴取された事が報じられました。

関係者によると、国内に不正に現金を持ち込んだとみられるのは、中国・深センのカジノ関連企業の日本法人関係者。100万円相当を超える額を携帯して出入国する場合に必要な税関への届けをしないまま、数百万円を持ち込んだ外為法違反の疑いが持たれている。

IR担当の内閣府副大臣だった秋元司議員の元秘書2人は、外為法違反容疑で家宅捜索を受けています。

秋元司議員も任意で事情を聞かれていますが、不正への関与は否定しています。

闇パーティ疑惑報道

秋元司 元秘書 文春

秋元司議員は過去にも金にまつわる疑惑がありました。

その1つが、2018年12月9日に「しんぶん赤旗」が報じた「闇パーティ疑惑」です。

2017年に2回「秋元司君を囲む会」が開催され、会費とは別にご祝儀20~40万円を得た秋元司議員。

しかしこの金を政治資金として収支報告書に記載していませんでした。

収支報告書に記載されなかったご祝儀は、銀座で散財したと報道されました。

借入金取り立て疑惑

秋元司 文春 元秘書

2019年4月には文春オンラインが、秋元司議員の「借入金取り立て疑惑」をスクープしています。

今年(2019年)2月に発覚した東レの巨額不正取引事件。

この事件に関連して、秋元司・環境副大臣が、東レの日覺昭廣社長に1億2000万円の支払いを求める電話をかけていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

「資金調達が難航し、結局、O社に買い取り資金を出すことになった会社の一つが、L社でした。

O社はL社から2億4000万円の融資を受けたものの、貸借期間は2カ月で、月利は10%という法外な条件でした」
(O社の関係者)

O社(=東レ)に対し法外な利息で多額の貸付を行っていたL社。

借金を返済出来ないO社に対し、秋元司議員がL社の代理として借金の取り立てを行いました。

秋元氏が電話をかけた相手は、東レの日覺社長だった。

「秋元氏は日覺社長に対して『L社の案件に関して、資金が返済されていない。東レ側が連帯保証しているでしょう。借主が返せないなら連帯保証人が返すべきではないか』と言ったそうです」
(同前)

借金返済の仲介を行った秋元司議員。

しかし弁護士の資格を持たない人が報酬を得る目的で法律業務に就く事は「弁護士法違反」という犯罪にあたります。

秋元司議員が行った「借入金返済の要求」も法律業務に該当するんですね。

しかし秋元司議員は、文春の取材に対して

  • 借入金返済の要求を否定
  • L社の存在に関しても知らないと発言

と関与を否定しています。

【まとめ】秋元司の疑惑は限りなく黒!?

これまでも、金にまつわる疑惑が報じられている秋元司議員。

IRでの金銭不正持ち込みに関しても、何らかの報酬が入っていた可能性が考えられます。

問題があると秘書のせいにして責任逃れをする代議士が多いので、警察はしっかりと捜査してほしいですね!

最後までお読み頂きありがとうございました。

記事を気に入った方は、下のシェアボタンを押してくれると嬉しいです!