タレント

【画像】アレンの整形外科手術前後を比較!昔はブサイク?収入源は何?アウトデラックス

2019年9月12日の「アウトデラックス」に出演するアレンさん。

これまで500回以上、総額9000万円を整形外科手術に費やしてきたアレンさんですが、昔の写真はそんなにブサイクだったのでしょうか?

さらにアレンさんの収入源(パトロン)についても調査しました。

アレン プロフィール

アレン プロフィールアレンInstagramより

[box class=”box5″]

名前:アレン

生年月日:不明(2014年時点で20歳)

身長:168cm

[/box]

2014年に「私の何がイケないの?」に ”日本一謎の整形男子” として登場し、芸能界デビューしたアレンさん。

なんと自ら番組に応募し、特集を組んでもらったそう!

これまで約9000万円もの費用を、美容整形に費やしているんだそうです。

アレンの整形外科前後の画像を比較!

アレン 整形外科 画像 手術アレンInstagramより

小中学校時代にイジメにあっていたアレンさんは、「ブス」「死ね」やほうれい線について口撃されており、見た目に対してコンプレックスが強かったそうです。

ほうれい線について悩んでいる事を整形外科医に相談すると、鼻を高くする事を勧められ、19歳で実行したのが初めての整形外科手術だったそうです。

それ以降は

  • 二重の幅を広くする埋没法
  • 目頭切開
  • バッカルファット
  • 美肌治療
  • あごプロテーゼ
  • 額・眉間プロテーゼ
  • 鼻にプロテーゼ
  • ボトックス注射
  • 顔全体をリフトアップ

など500回以上整形外科手術を行い、総額9000万円もの金額をかけてきています。

アレンさんがデビューした2014年から2019年現在までの画像を紹介していきます。

2014年

アレン 整形外科 画像 手術 アレン 整形外科 画像 手術

2015年

アレン 整形外科 画像 手術 アレン 整形外科 画像 手術

2016年

アレン 整形外科 画像 手術 アレン 整形外科 画像 手術






2017年

アレン 整形外科 画像 手術
アレン 整形外科 画像 手術

2018年

アレン 整形外科 画像 手術 アレン 整形外科 画像 手術

2019年

アレン 整形外科 画像 手術 アレン 整形外科 画像 手術

整形を繰り返しすぎてマネキンみたいになっていますね。

更にメイクやカラコンもしているので、ちょっと怖い感じもします^^;





失敗談

アレン 整形外科 画像 手術

数々の整形を繰り返しているアレンさんですが、失敗や大変な事も多かったようで

  • 唇にヒアルロン酸を入れすぎて口が閉じられない
  • 16本もの歯の神経を抜き、ジルコニアセラミックプレミアムに変えたため、歯がボロボロ&顎関節症になる
  • 長期持続輪郭形成注入剤を額に注射して壊死する
  • 顎に入れたシリコンが口内に飛び出す
  • 頬に大量のヒアルロン酸を注射し、頬骨が突き出てしまう
  • 手術のしすぎで麻酔が効かない体になり、麻酔を入れすぎて心肺停止状態になる

などなど・・・

話を聞いているだけでも恐ろしいですね。

昔のアレン

整形外科手術をする前のアレンさんの画像を見てみましょう。

アレン 整形外科 画像 手術 アレン 整形外科 画像 手術 アレン 整形外科 画像 手術

普通によくいそうな青年という感じです。

このままでも十分モテそうな雰囲気はしますよね。

アレンの収入源はパトロンって本当?

アレン 整形外科 収入源アレンInstagramより

月の生活費が最低でも300万円必要と話すアレンさんですが、生活費や整形費用はどこから出てくるのでしょうか?

17歳の時にとあるパーティーで出会ったパトロンに援助してもらっているそうで、6年間で50人以上のパトロンがいたそうです。

パトロンは男性も女性もいて、1日だけの付き合いの人から、長くて2年くらいの付き合いの人もいるそう。

19歳の頃からはパトロンがずっといる状態で、多い時は5人くらいいることも。

歯をジルコニアセラミックにした際は、手術費で500万円必要だったそうなのですが、1人のパトロンが用意してくれたんだとか。

パトロンの年齢層は20代後半から40代前半だそうですが、どんな職業の方たちなのか気になりますね!






アレン整形外科手術まとめ

過去の苦い経験から、整形外科手術を繰り返しているアレンさん。

昔の画像では問題ないように感じましたが、やはり本人にしか分からないコンプレックスがあるんですね。

整形外科手術には継続的なメンテナンスが必要なので、この先ずっとパトロンに支援してもらえるのか、収入源は大丈夫なのかというおせっかいな心配をしてしまいます^^;

ご利用は計画的に、ですね。