時事ネタ・ニュース

馳星周「少年と犬」のあらすじと感想まとめ|小説のレビューや口コミは?

少年と犬 あらすじ 感想

2020年7月15日、馳星周さんの「少年と犬」が直木賞を受賞しました。

直木賞を受賞すると、その後爆発的に売り上げが伸びますが、「少年と犬」はどんなストーリーなのでしょうか?

「少年と犬」のあらすじと感想をまとめました。

馳星周「少年と犬」のあらすじは?

2020年7月15日、馳星周さんの「少年と犬」が直木賞を受賞しました。

馳星周さんは、今回が7度目のノミネートだったようですね。

「少年と犬」のあらすじは、動物と人間のふれあいをテーマにした優しい物語になっています。

主人公の犬「多聞」は、東北の震災で飼い主とはぐれた後、多くの人々と関わりながら南を目指していきます。

「少年と犬」あらすじ

家族のために犯罪に手を染めた男。拾った犬は男の守り神になった―男と犬。

仲間割れを起こした窃盗団の男は、守り神の犬を連れて故国を目指す―泥棒と犬。

壊れかけた夫婦は、その犬をそれぞれ別の名前で呼んでいた―夫婦と犬。

体を売って男に貢ぐ女。どん底の人生で女に温もりを与えたのは犬だった―娼婦と犬。

老猟師の死期を知っていたかのように、その犬はやってきた―老人と犬。

震災のショックで心を閉ざした少年は、その犬を見て微笑んだ―少年と犬。

犬を愛する人に贈る感涙作。

引用:読書メーター





馳星周「少年と犬」感想まとめ