ニュース

ゴーンのイスラエル入国罪は時効が成立!握手写真はいつ撮影された?

ゴーン イスラエル 入国罪 いつ 写真 握手 時効

保釈中に日本からレバノンへ逃亡した、日産元会長のゴーン氏。

レバノンでは自由な生活を送っているゴーン氏ですが、レバノンの弁護士団体はゴーン氏を”イスラエル入国罪”で告発しています。

”イスラエル入国罪”とは何なのでしょうか?

また、ゴーン氏がイスラエルに入国したとされる写真について調べてみました。

ゴーンのイスラエル入国罪は時効?握手写真はいつ撮影された?

ゴーン氏が逃亡したレバノンの弁護士団体は、ゴーン氏に対し”イスラエル入国罪”で起訴を求める報告書をレバノンの司法当局に提出しています。

”イスラエル入国罪”とは一体何なのでしょうか?

イスラエル入国罪とは?

ゴーン イスラエル 入国罪 いつ 写真 握手 時効

レバノンは、敵対国であるイスラエルへの入国を禁じています。

1971年、第3次中東戦争後にパレスチナの政治組織(PLO)が本部をレバノンに移してからは、イスラエルとの関係は緊張が一気に高まっています。

PLOが仕掛けたゲリラ戦をきっかけに、1982年にはイスラエルがレバノンを侵攻。

1985年にイスラエル軍は撤退しましたが、以降も応酬が続きました。

2006年7月には、レバノンのシーア派武装組織”ヒズボラ”と、イスラエルの間で戦争が勃発しています(レバノン侵攻、第二次レバノン戦争などと呼ばれている)。

そのような関係性から、レバノンではイスラエルに入国した場合、有罪になれば最長で禁固15年の刑を受ける可能性があるとしています。

ゴーンはいつイスラエルに入国した?握手写真が証拠に!

ゴーン イスラエル 入国罪 いつ 写真 握手 時効

ゴーン氏は2008年にルノーのトップとして、電気自動車生産契約締結のため、イスラエルを訪問。

大統領と握手を交わす写真がSNSで拡散されています。

ゴーン イスラエル入国罪 いつ 握手 写真 時効シモンペレス大統領、エフドオルメルト首相(当時)

 

イスラエルは、”イスラエル入国罪”を認識しており、入国や出国の際にはパスポートとは別の紙にスタンプを押してくれる配慮があるようです。


また、ゴーン氏はフランス発行のパスポートを2冊持っており、この背景にはイスラエルに入国した形跡を残さないようにしていたと考えられています。

パスポートに形跡は残していなくても、がっちりと握手をした写真が出回ってしまったため、ゴーン氏がイスラエルへ入国した証拠になってしまいました。

ゴーンは関空までどうやって移動した?レバノンまでの逃亡を分かりやすく解説!ゴーンのレバノンへの逃亡劇を分かりやすく解説!東京で制限住居で監視されていたゴーンは、どうやって関空まで移動したのか?関空からレバノンに逃亡した方法の全貌とは?スパイ大作戦さながらのゴーンの逃亡劇を徹底調査!...

レバノン国民はゴーンを非難!

イスラエルを敵対視するレバノン国民は、ゴーン氏を「カネのためなら敵とも通じるのがあの男だ」 と痛烈に批判しています。

「カネのためなら敵とも通じるのがあの男だ。レバノン人は、イスラエルとの戦争で多くの人が殺された。そんな国と仲良くする男は、この国にいらない」携帯電話店従業員のムハンマドさん(27)

「この国は泥棒でいっぱいなのに、また1人やってきた」(大学教員)

「彼にとってレバノンの司法制度は心地よいはずだ。腐敗した政治家が捕まらないからだ」(映画監督)

レバノンは有力者の汚職が横行しており、市民は政府の腐敗に対する抗議デモが続いています。

そんな中、今回のゴーン氏の逃亡劇があったため、伝統的な「反イスラエル感情」と連動し、国民の批判は増幅しているようです。

https://nkskad.com/ghosn/

ゴーンのイスラエル入国罪は有罪になる?時効成立で無罪か!

ゴーン イスラエル 入国罪 いつ 写真 握手 時効

ゴーン氏がイスラエルに訪問したのは10年以上前で”イスラエル入国罪”は時効になっています

しかし、告発した弁護士団体は、ゴーン氏は最近もイスラエルに渡航したと主張しています。

ゴーン氏の最近の渡航を調査するのは、レバノンの司法次第になるので、うやむやになる可能性が高いですね。

過去には”イスラエル入国罪”は、対象者によって不均一に適応されており、一般市民は有罪で軍事裁判にかけられますが、有力者は無罪になる事例がありました。

汚職が横行しているレバノンでは、賄賂で簡単にもみ消すことが可能なんですね。

https://nkskad.com/ghosn-where/

【まとめ】ゴーンがイスラエル入国罪で有罪になる可能性は低い!

ゴーン氏が”イスラエル入国罪”で告発されており、訴追された場合、軍事裁判にかけられることになります。

しかし汚職が横行しているレバノンでは、金があれば買収もできそうですよね。

また、イスラエルに訪問したのは2008年と10年以上も昔の事ですので、時効の成立を主張し、最近のイスラエル渡航については、うやむやにするかもしれませんね。

どちらにせよ、レバノンで圧倒的な権力を持つゴーン氏は、恐れることは何もないのでしょう。