アーティスト

秦基博『Raspberry Lover』の歌詞に隠された2つの意味とは?読み方も調査!

秦基博 新曲 Raspberry Lover 歌詞 意味

2019年11月6日に新曲『Raspberry Lover』をリリースした秦基博さん。

通算23作目となる『Raspberry Lover』は、これまでの爽やかな秦基博さんの曲調とは雰囲気が異なります。

ギターのリズムに乗せて静かに歌い出す『Raspberry Lover』。

どんどん盛り上がっていく曲展開で、一度聞くと耳に残り、頭の中をリピートし続ける中毒性がありますね。

秦基博さんの新境地である『Raspberry Lover』の読み方と、歌詞の意味を考察してみました。

秦基博『Raspberry Lover』の読み方と歌詞の意味とは?

『Raspberry Lover』の読み方は?

秦基博 新曲 Raspberry Lover 歌詞 意味

『Raspberry Lover』の読み方は、”ラズベリー ラバー”と読みます。

”Raspberry”は果物のラズベリーの事ですね。

2019年10月9日に公開されているMVも、秦基博さん以外の背景や服、小物に至るまでラズベリー色で統一されています。

秦基博さんは『Raspberry Lover』のMVに対して、

各カットがどれもすごく印象的で、それがひとつの作品になったとき、「Raspberry Lover」の楽曲の世界観がどんなふうに新しい広がりを見せるのか、皆さんもぜひ楽しみにご覧ください。

とコメントしています。

『Raspberry Lover』の歌詞の意味は?

秦基博 新曲 Raspberry Lover 歌詞 意味

行き場のない恋の切なさと、叶わぬ恋の苦悩を、シリアスなサウンドとポップな歌詞で表現された『Raspberry Lover』。

歌詞を見てみると、”君”は”彼”が好きという事を公にしているのに、”僕”に対しても意味深な態度を取って、気持ちを弄ばれている様子がわかります。

”僕”から”君”に気持ちを打ち明ける勇気はないけど、気持ちが大きくなりすぎて辛い

どんな手段でもいいから、”僕”が傷つく結末になったとしても、彼女を”僕”のものにしたい、という想いがヒシヒシと伝わってきますね。

この曲は秦基博さんが作詞・作曲共をしているので、実体験の可能性もあるかもしれませんね。






『Raspberry Lover』のタイトルの意味がすごい!

秦基博 新曲 Raspberry Lover 歌詞 意味

タイトルにも使われている【Raspberry】は果物のラズベリーの事ですが、英語のスラングとしても使われています

[box class=”box28″ title=””Raspberry”のスラングの意味”]

”Raspberry”ラズベリーは、英語の俗語の一つである。

軽蔑や不賛成の意を示す目的で、舌を唇の間にはさんで出す振動音を意味する。

転じて嘲り、酷評、悪口などの意でも用いられる。

Wikipediaより

[/box]

また、ラズベリーの花言葉は良い意味と悪い意味があり、深い後悔」と「愛情という意味を持っています。

[box class=”box28″ title=”ラズベリーの花言葉”]

赤い果実で食べたくなるラズベリーだが、触ると棘がある事から「深い後悔」。

甘い味がすることから「愛情」の意味がある。

[/box]

一方、【Lover】は”恋人”という意味ですが、他にも愛人”や”セックスフレンドといった意味があります。

これらの内容から、

[box class=”box5″ ]

  • 他に好きな男がいるのに気をもたせる悪い女
  • でもそんな悪い女で頭がいっぱいになるくらい惚れている
  • 「恋人以外の関係でも構わない」という”僕”への軽蔑

[/box]

という意味がありそうですね。