ジャニーズ

小島健の大学名はどこで兄弟はいるの?メンバーカラーは紫|Aぇ!グループ

小島健 大学名 兄弟 メンバーカラー

2019年2月に結成された、関西ジャニーズJr.のユニット「Aぇ!group」のメンバーである小島健さん。

Aぇ!グループ引用:https://trend-movie.com/archives/1595

予想の斜め上を行く発言や行動で周りを驚かせつつ、子供が好きな現役大学生の一面も持っています。

今回はそんな小島健さんについて調べてみました。

小島健プロフィール

小島健 プロフィール出典:Twitter

[box class=”box18″ title=”◆プロフィール◆”]

名前:小島健(こじまけん)

愛称:こじけん、ビバ、コビバ

生年月日:1999年6月25日(20歳 ※2019年8月現在)

血液型:B型

出身:大阪府

身長:177cm

体重:57kg

靴のサイズ:27.5cm

パート:キーボード

趣味:遊ぶこと、三国志、読書、カードゲーム

入所日:2012年

メンバーカラー:紫

[/box]

小島健さんは「妖精が見える」などの”こじけんワールド”が魅力。

[say img=”https://nkskad.com/wp-content/uploads/2019/07/kojima2.jpg” name=”小島健”]散歩が好きな日と嫌いな日があるねん[/say]

嫌な事があれば木に八つ当たりをしたりと、喋らなければイケメンだけど、動きと発言が変人だそうです。

仲のいい後輩からは「静止画の貴公子」と呼ばれることも。

 

そんな風変わりな小島健さんですが、

  • 練習終わりに一人で鏡を見て練習する
  • 「誰かが落ち込んでいたらどうするか?」の質問には「声をかける」と即答
  • 後輩を怒った後でも、しっかり相談に乗ってあげる
と、真面目で心優しい性格なのが分かりますね。

 

[safe title=”愛称の”ビバ”って何?”]

出典:Instazu

”ビバ”とは2016年、松竹座春公演のコント練習中に生まれた小島健さんのギャグです。

練習中何も思い浮かばず、咄嗟に「ん~、ビバ!」と発したところ「おもしろいやん!」と言われ誕生しました。

本番以降は、自分の名前とかけて「ビバ、コビバ(小島)です!」と自己紹介ギャグとして使っています。

ファンの間でも、小島健さんの事を「ビバ」と呼ぶ人もいるほど定着しています。

[/safe]

[kanren id=”617″]

小島健の大学名はどこ?

小島健 大学引用:https://mayuponstyle.com/entame/5415/

小島健さんは子供が大好きで、大学では小学校教員の免許取得を目指して、教員課程を受けています。

下駄!冬でも下駄なのか気になりますね(笑)

 

小島健さんは大学では手話部に所属しているそうです。

関西で小学校教員の免許が取れて、手話部(手話サークルではない)がある大学は

  • 大阪福祉科学大学
  • 桃山学院大学

しかありませんので、どちらかの大学なのでは?と言われています。

 

小島健さんは落書きが得意だそうなので、休み時間に子どもたちにイラストを書いてあげたりして慕われそうですよね!

[note title=”出身高校はどこ?”]

小島健さんは私立浪速高校を卒業しています。

レッスンの際、学校指定ジャージを着ていたり学校指定靴を履いていたので、特定されたそうです。

私立浪速高校は中高一貫の進学校なので、小島健さんも学力が高いんですね!

[/note]

小島健に兄弟はいるの?

小島健 兄弟出典:Gramha

小島健さんは3人きょうだいの真ん中で、お姉さん(7歳上)と妹さん(2歳下)がいるそうです。

お姉さんと妹さんは芸能活動などはしておらず、一般人のようです。

[box class=”box29″ title=”きょうだいエピソード”]

お姉さんと妹さんの喧嘩が長引いてくると

[say img=”https://nkskad.com/wp-content/uploads/2019/08/kojima4.jpg” name=”小島健”]謝りや[/say]

と仲裁をする小島健さん。

でも自分と妹の喧嘩の際は

[say img=”https://nkskad.com/wp-content/uploads/2019/08/kojima5.jpg” name=”小島健”]腹立ってムリ!![/say]

と言ってしまうそう。[/box]

小島健まとめ

一見風変わりだけど、見た目と性格の良さでどんどんファンを増やしている小島健さん。

「おかあさんといっしょ」などの子供番組にも出てみたいそうですよ。

子どもたちとも同じ目線で接していそうで、微笑ましいですよね。