タレント

【画像】久保裕丈の腕の赤あざは傷跡?痣が消えない理由とは?

久保裕丈 腕 あざ

2019年9月26日の「タイムショック」に出演する久保裕丈さん。

久保裕丈さんは大人気恋愛リアリティ番組「バチェラー・ジャパン」の初代バチェラーで一躍有名になったセレブモデル・起業家です。

そんな久保裕丈さんの腕には、何やらあざのような跡が・・・

このあざは何かの傷跡なのか?調べてみました。

久保裕丈プロフィール

久保裕丈プロフィール久保裕丈Instagramより

[box class=”box5″]

名前:久保裕丈(くぼ ひろたけ)

愛称:くぼりん

生年月日:1981年8月24日か26日(38歳 ※2019年9月時点)

出身:東京都

身長:173くらい?

血液型:A型

趣味:筋トレ

所属:株式会社CLAS(代表取締役)

[/box]

高校3年の夏までクラス最下位レベルの成績だった久保裕丈さんですが、東京大学工学部を卒業し、東京大学院を卒業しています。

とは言え、通っていた学校は偏差値78(2018年時点)の海城中学・高校なので、最下位レベルと言ってもかなり地頭が良いと言えますよね。

2007年に外資系コンサルティング会社「ATカーニー」に入社した久保裕丈さんは、2012年に「ミューズコー株式会社」を設立し、2015年「株式会社ミクシィ」に17億円で売却したそうです。

久保裕丈さんは現在、レンタル家具サービスを展開する「CLAS(クラス)」の代表取締役を務める傍ら、モデルやタレント業でも活躍されています。

高学歴、独身、イケメンで更に30代で億万長者になった久保裕丈さんは、恋愛リアリティ番組「バチェラー・ジャパン」の初代バチェラーとして出演していました。

バチェラー1仲間とは、今も親交が続いているようですね。

久保裕丈の腕のあざが消えない理由とは?

久保裕丈 腕 あざ久保裕丈Instagramより

小学生時代は剣道と水泳、剣道は高校まで続け、大学ではテニス、社会人になってからは毎日のランニングとトレーニングと、スポーツ万能な久保裕丈さん。

現在は仕事の合間にキックボクシングに励む姿をよくInstagramに投稿しています。

そこで気になるのが上腕のあざ。

このあざは傷跡か何かなんでしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

#シャワー後じゃないよ #汗 #滝汗 #新陳代謝良すぎ ・ #kickboxing #キックボクシング #training #トレーニング

Hirotake Kubo 久保裕丈さん(@hirotakekubo)がシェアした投稿 –

バチェラー1でも女性と一緒に海に入るシーンがありましたが、特に女性からも痣に関してのツッコミもなく・・・

しかし久保裕丈さんは、あざに関してInstagramでコメントされていました。

「左腕の赤アザは生まれつき」とハッシュタグされています。

単純性血管腫(平坦な赤あざ)とは?

生まれつきある、平坦な赤いあざです。原則として、大人になっても自然に消えることがありません。加齢によって褐色になる場合もありますが、場合によっては色が濃くなったり、腫瘤を作ったりする場合もあります。また、成長とともに体が大きくなるのに比例してあざの面積も拡大します。治療としては、早期のレーザー治療や冷凍療法、放射線療法などがありますが、現在は副作用の少ないレーザー療法が主流になっています。

日本医科大学武蔵小杉病院より

生まれつきのあざは大人になっても消える事はないようですね。

久保裕丈さんのあざの場所は、Tシャツを着ると見えない場所ですので、特に気にはされていないかもしれませんね。

久保裕丈腕あざまとめ

久保裕丈さんの腕のあざについて調べてみましたが、生まれつきのものだったようですね。

何かの傷跡などではなくてよかったです。

2019年現在でも、独身貴族を謳歌している久保裕丈さん。

久保裕丈さんがどんな女性とゴールインするのか、楽しみですね。