アーティスト

May J.がアナ雪2に選ばれなかった理由がヤバイ!バッシングや批判が原因?

May J. アナ雪

2019年11月22日に映画「アナと雪の女王2」が公開になりました。

前作では社会現象にもなった「アナと雪の女王」の主題歌を担当していたのはMay J.さんですが、なぜか今作ではエンドソングは中元みずきさんが担当しています。

May J.さんがエンドソングから降ろされた理由は何なのか、調べてみました。

アナ雪2の主題歌に中元みずきが抜擢!

 

この投稿をInstagramで見る

 

May J.(@mayjamileh)がシェアした投稿

「アナと雪の女王2」のエンドソング『イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに~』に抜擢されたのは、デビュー前の新人・中元みずきさんでした。

デビュー前の新人がエンドソングを歌うのは、ディズニー史上初とのこと!

堂々とした歌いっぷりは、とても新人とは思えないですよね。

[kanren id=”4439″]

 

前作ではMay J.さんが主題歌『Let it go~ありのままで~』を担当していました。


声優陣は当然前作から継続の顔ぶれですが、エンドソングがMay J.さんから変わってしまったのはなぜなのでしょうか?

May J.がアナ雪2に選ばれなかった理由とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

May J.(@mayjamileh)がシェアした投稿

これまでディズニー映画でシリーズ化している「トイ・ストーリー」では、1~4までダイヤモンド☆ユカイさんがエンドソングを担当しています。

May J.さんが「アナと雪の女王2」のエンドソングを歌えなかった理由を調べてみました。

アナ雪でのバッシングが多かったから?

 

この投稿をInstagramで見る

 

May J.(@mayjamileh)がシェアした投稿

「アナと雪の女王」のエンドソング『Let it go』を担当していたMay J.さんは、非常に多くのバッシングを受けていました。

各国、劇中歌とエンドソングはアレンジが違う為別の歌手が歌っているのですが、カバーソングを多く出していたMay J.さんは”アナ雪人気に便乗している”と取られ、SNSにはアンチが増えていきました。

またMay J.さんも、当時はついついエゴサーチをしてしまい、どんどん心的ストレスが大きくなり、声が出にくい状況に・・・

アンチが多かったり、ストレスで声が出にくくなったため、May J.さんはアナ雪2のエンドソングから降ろされたのでしょうか?






大人の事情が理由だった?

 

この投稿をInstagramで見る

 

May J.(@mayjamileh)がシェアした投稿

実際のMay J.さんが続投にならなかった理由は、大人の事情によるもののようです。

「アナと雪の女王」が公開された2014年は、ディズニー楽曲の販売元はエイベックスが担当していました。

しかし「アナと雪の女王2」が公開された2019年はディズニーの楽曲販売権はユニバーサルに移っています。

May J.さんが所属している「rhythm zone(リズムゾーン)」は、エイベックスが運営する事務所のため、May J.さんが今回のエンドソングを歌うことは難しかったようです。

May J.アナ雪2エンドソングまとめ

May J.さんが「アナと雪の女王2」のエンドソングに選ばれなかった理由は、アンチやバッシングなどではなく、事務所の問題でした。

もしMay J.さんが、リズムゾーンから移籍や独立をしていれば、今回もMay J.さんが主題歌を歌っていたかもしれませんね。