スポーツ

鍋谷友理枝のコートネームは何?その意外な理由とは?|ワールドカップ2019

鍋谷友理枝 コートネーム

2019年9月14日に開幕する「ワールドカップ2019」の日本代表に登録された鍋谷友理枝選手。

鍋谷友理枝選手はコートネームに、本名とは違う名前を使っています。

コートネームは何なのか?その意外な由来について調べてみました。

鍋谷友理枝プロフィール

鍋谷友理枝 プロフィール

[box class=”box5″]

名前:鍋谷友理枝(なべや ゆりえ)

生年月日:1993年12月15日(25歳 ※2019年9月時点)

出身:神奈川県川崎市

身長:176cm

体重:55kg

所属:デンソー・エアリービーズ

[/box]

両親の影響で小学3年からバレーボールを始めた鍋谷友理枝選手。

バレー強豪校の私立淑徳SC中学校から東九州龍谷高校に進学し、春高バレーで3連覇を成し遂げています。

高校3年の時にはキャプテンとして第64回全日本バレーボール高等学校選手権大会で優勝し、最優秀選手賞を獲得しています。

2011年からはデンソー・エアリービーズに所属し、2012年には第1回世界U23女子バレーボール選手権の日本代表で出場し、銅メダルを獲得しました。

2016年にはリオ五輪でも活躍しており、2020年の東京五輪でも期待されている選手です。

鍋谷友理枝のコートネームと意外な由来とは?

鍋谷友理枝 コートネーム

バスケットボールやバレーボールなどコート上で行う団体競技では、試合中呼びやすくするため、コートネームをつけているようです。

基本的には本名をコートネームにしている事が多いようですが、早い試合展開の中呼びやすいように

  • 発音しにくい名前
  • 長い名前の人
  • 既にチーム内で使われている名前
  • 他の人の名前と発音が似ているので紛らわしい名前
  • 短縮して呼びにくい名前

といった場合には、本名とは違う名前をつけるんだそう。

名付け親は先輩が多く、思いつきでつけられる事もあるようです。

ほとんどの人は昔から使っているコートネームを使い続けますが、チームが変わった時にそのチームに同じコートネームの人がいれば、変更する必要があります。

 

鍋谷友理枝さんのコートネームは「レイ」を使っています。

「レイ」の由来は、鍋谷友理枝選手のスパイクフォームが高校の先輩だった川原麻美選手(元JT)に似ていた為、久光製薬の長岡望悠選手と栄絵里香選手らが同じコートネームをつけてくれたそうです。

鍋谷友理枝 コートネーム川原麻美選手

ちなみに、川原麻美選手のコートネームを「レイ」と名付けたのは高校の先輩で、理由は「レイっぽいから」だそうです。

「レイ」が何かは本人も分からないそうですよ(笑)

鍋谷友理枝コートネームまとめ

鍋谷友理枝選手の名前と全く関係のない「レイ」というコートネームは、学校の先輩である川原麻美選手のコートネームを引き継いだものだったんですね。

2019年のワールドカップ、2020年の東京五輪で鍋谷友理枝選手の活躍を期待したいと思います。