スポーツ

【動画】中村匠吾がレース中に嘔吐!吐いたが見事優勝で五輪内定!マラソン

中村匠吾 嘔吐 吐いた

2019年9月15日に開催されたMGCで、2020年の東京五輪が内定した中村匠吾選手。

しかし中村匠吾選手はMGCのレース中に嘔吐してしまったという情報が・・・

その時の状況について詳しく調べてみました。

中村匠吾プロフィール

[box class=”box5″]

名前:中村匠吾(なかむら しょうご)

生年月日:1992年9月16日(27歳 ※2019年9月時点)

出身:三重県四日市市

身長:172cm

体重:55kg

所属:富士通陸上競技部

[/box]

高校3年生の2010年沖縄インターハイ5000mで3位に入賞した中村匠吾選手は、駒沢大学進学後

  • 2013年関東インカレの2部10000m:優勝
  • 2013年日本選手権:5位
  • 2013年ユニバーシアードのハーフマラソン:銅メダル

と活躍。

大学三大駅伝のうちの2つである、出雲駅伝と全日本大学駅伝では1区を走り、区間賞を獲得しています。

【動画】中村匠吾がレース中に嘔吐!

中村匠吾 嘔吐

2019年9月15日に開催されたMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)で、2時間11分28秒のタイムでゴールし、見事優勝した中村匠吾選手。

MGCでは、上位2名が2020年の東京五輪への出場権が与えられる代表選考レースです。

しかし途中38km付近で、中村匠吾選手が走りながら嘔吐する一幕がありました。

中村匠吾選手は、吐いた後はすっきりした様子で走りの力強さが増し、残り3kmではラストスパートをかけて、ライバルを一気に引き離しゴールインしています。

Going!Sports & Newsの取材では、「内蔵にきたため少し吐いた」と囲み取材に答えた中村匠吾選手。

ちなみに2018年のベルリンでのレース(4位)でも途中で嘔吐していたようです(笑)

吐いても勝ってしまう中村匠吾選手・・・スゴすぎますね!

中村匠吾まとめ

MGCの翌日が27歳の誕生日だった中村匠吾選手。

最高の27歳のスタートになりましたね!

レース中に嘔吐してしまう一幕もありましたが、暑さに強い中村匠吾選手には、2020年の東京五輪でも力強い走りを見せてほしいと思います。