スポーツ

大野将平の結婚相手(嫁)はお持ち帰りでフライデーに撮られた女性って本当!?

大野将平 結婚 お持ち帰り

2019年8月27日の「世界柔道選手権」男子73kg級で、見事金メダルを獲得した大野将平選手。

大野将平選手といえば、リオ五輪も金メダルを獲った実力者です。

「世界柔道選手権」でも全6試合でオール一本勝ちし、見事な投げ技を連発していました。

そんな大野将平選手の結婚相手(嫁)は、お持ち帰りをした女性なのか!?について調べてみました。

大野将平プロフィール

大野将平 プロフィール出典:天理大学

[box class=”box5″]

名前:大野将平(おおの しょうへい)

生年月日:1992年2月3日(27歳 ※2019年8月現在)

出身:山口県山口市

身長:170cm

体重:73kg

血液型:O型

得意技:内股、大外刈

出身校:世田谷学園高校、天理大学

所属:旭化成

[/box]

7歳の頃から柔道を始めた大野将平選手ですが、中学入学時点では特に目立った選手ではなかったそうです。

しかし相当な努力家で、常に一切妥協せずに真剣勝負をする姿勢に躊躇して、上級生を含めた他選手が大野将平選手と組み合うのを避けるほどの存在感を示すようになっていったそう。

高校1年の時には全国大会に出場し、高校2年の時にはインターハイの73kgで優勝するまでの選手になっています。

しかし全力のプレーが身体に負担をかけていたのか、その後は怪我に悩む事も多かったようです。

大野将平 プロフィール引用:http://sutakorasacchan.com/post-7323/

大学入学後は世界ジュニア選手権で結果を残し、シニア強化選手として合宿に参加しています。

ここから身体も一回り大きくなり、強さに磨きがかかったようですね。

大学4年生の時に出場した世界大会では、個人戦・団体戦の10試合すべてにおいて一本勝ちという、圧巻の強さを見せつける結果になりました。

日本のみならず、海外でもその強さが知れ渡っている選手の一人です。

大野将平の結婚相手(嫁)は誰?

大野将平 結婚出典:東京スポーツ新聞社

スポーツ選手は早くに結婚している人も多いですが、大野将平選手はどうなのでしょうか?

2019年8月時点では、大野将平選手が結婚しているという事実はありませんでした。

更に調べてみると、現在は彼女がいるといった情報も見つかりませんでした。

今は世界柔道や2020年の東京五輪に向けての調整に集中し、出会いよりも練習に励んでいる状況なのでしょう。

 

ちなみに、大野将平選手は2018年11月16日の産経新聞のインタビューで、結婚願望が全くないと話していました。

選手をしていると、子供を持つことは無理で、家に誰かがいるのも嫌だそうです。

誰かと一緒に暮らして、自分の生活リズムが崩れたり、柔道以外の事を考える事が嫌なのかもしれませんね。

大野将平選手が結婚するのは、選手を引退してからになりそうですね。

大野将平はフライデーにお持ち帰りを撮られていた!

大野将平 お持ち帰り出典:ホームメイト柔道チャンネル

大野将平選手は2016年9月、フライデーに合コンでのお持ち帰りをスクープされていました。

リオ五輪から帰国し一息ついた大野将平選手とリオ五輪の柔道メダリストメンバーで合コンをしています。

合コンに参加したメンバーはこちら▼

金メダリスト 大野 将平 男子73kg級
銀メダリスト 原沢 久喜 男子100kg級
銅メダリスト 羽賀 龍之介 男子100kg級
銅メダリスト 永瀬 貴規 男子81kg級
銅メダリスト 海老沼 匡 男子66kg級
銅メダリスト 高藤 直寿 男子60kg級

全員まさしく時の人という、とんでもなく豪華なメンバーですよね!

合コン参加者は皆で2次会でカラオケに向かいますが、大野将平選手と相手の女性は途中で抜け出したそうです。

大野将平 お持ち帰り

タクシーに乗り込み自宅に向かおうとしますが、女性に「自宅は嫌」と言われ、ラブホテルに向かったところ金曜日のせいか満室。

結局3件目で、ようやく空室のあるラブホテルにたどり着けたようです。

緊張感が続くオリンピックが終わり、リフレッシュで合コンを開いたのでしょうが、週刊誌にスクープされて何だか気の毒ですよね。

独身で彼女もいない健全な男性なのですから、そっとしておいてあげて欲しいところです。

その後大野将平選手と相手の女性は、交際に発展したのでしょうか?

調べてみましたが、交際したという情報はありませんでしたので、この日だけの関係だったようですね。

大野将平結婚相手まとめ

大野将平選手には現時点では結婚願望はなく、スクープされたお持ち帰りの相手との交際の情報も見つかりませんでした。

現時点では2020年の東京五輪に向けての練習・調整で、女性の事を考えている場合ではないのでしょう。

世界柔道、そして東京五輪でまたメダルを獲得してほしいですね!