スポーツ

白石黄良々(きらら)のキラキラネームは本名?名前の由来を調査!ハーフって本当?

2019年9月27日、ドーハ世界陸上選手権の4✕100mリレーに出場する白石黄良々選手。

イケメンな風貌に人気が出そうですが、やはり気になるのはその名前ですよね。

白石黄良々選手がハーフで、当て字っぽくしたという噂は本当なのでしょうか?

読み方が難しい「黄良々」という名前は本名なのか?

名前の由来についても調べてみました。

白石黄良々プロフィール

白石黄良々 プロフィール

[box class=”box5″]

名前:白石黄良々(しらいし きらら)

生年月日:1996年5月31日(23歳 ※2019年9月時点)

出身:鹿児島県

身長:179.5cm

所属:株式会社セレスポ

[/box]

大東文化大学で陸上競技部のキャプテンを務めていた白石黄良々選手。

大勢のメンバーを束ねていたんですね!

大学卒業後の2019年に、株式会社セレスポに入社し、

  • 100m:10秒32
  • 200m:20秒88

と自己ベストを更新。

2019年の吉岡隆徳記念第73回雲陸上競技大会の100mで優勝し、7月のダイヤモンドリーグ・ロンドン大会で4✕100mリレーの日本代表に選ばれ、見事2位という結果を残しています。

白石黄良々のキラキラネームは本名?名前の由来は?

白石黄良々 キラキラネーム 由来

読み方が難しく、一度聞くと忘れない白石黄良々選手の名前の由来について、調べてみました。

白石黄良々という名前は本名でした。

命名は、白石黄良々選手の母親だそうです。

白石黄良々 キラキラネーム 由来映画.comより

高倉健さん主演の映画「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」の大ファンだった白石黄良々選手の母親は、「黄色は幸せな色。人に幸せを与えられる良い人になってほしい」という願いを込めて名付けたんだそう。

白石黄良々選手自身もこの名前を気に入っており、「白石くん」と呼ばれるより「黄良々くん」と呼ばれる方が嬉しいそうですよ。

 

ちなみに白石黄良々選手にはお兄さんがおり、「青良(せいら)」さんというそうです。

白石黄良々 キラキラネーム 由来NHK SPORTS STORYより

青良さんも何か、映画にちなんだ名前なのか気になりますね。

兄・青良さんも白石黄良々選手と同じく、株式会社セレスポにトレーナーとして契約しており、白石黄良々選手をサポートされているそうです。

白石黄良々はハーフって本当?

白石黄良々 ハーフ

名前のインパクトから「ハーフで英語名を当て字にしたのでは?」との噂がある白石黄良々選手ですが、ハーフというのは本当なのでしょうか?

白石黄良々選手の両親について調べてみましたが、両親の国籍についての情報はありませんでした。

引き続き調べて、分かり次第追記したいと思います。






白石黄良々名前まとめ

これまでも競技よりも、名前を先に覚えられる事が多かったという白石黄良々選手。

なかなか読み方が難しいキラキラネームですが、素敵な意味が込められた名前でしたね。

プロになって、どんどん成績があがっている白石黄良々選手の、今後の活躍に注目していきたいと思います。