ニュース

ソレイマニ司令官はなぜ殺されたのか?アメリカへのテロ行為を計画していた!?

ソレイマニ なぜ殺された

2020年1月3日、アメリカがイランのソレイマニ司令官を殺害したと公表しました。

ソレイマニ司令官はイランの最高司令官を務めており、今回の殺害で第三次世界大戦が危惧されています。

ソレイマニ司令官がなぜ殺されたのか調べてみました。

ソレイマニ司令官ってどんな人?

ソレイマニ司令官はこれまで、中東でイランの影響力拡大を推進してきた重要人物です。

ソレイマニ司令官ってどんな人?
  • イラン革命防衛隊のエリート部隊「コッズ部隊」の司令官
  • 中東へのテロ行為時、武器など軍事物資の提供をした重要人物
  • アメリカのテロ関係者リストに記載されている
  • イラン保守派、アメリカに批判的な人に支持されている

ソレイマニ司令官は海外のテロ作戦などの謀略、破壊工作の全権を任されていたとみられています。

中東では高度な対外工作(テロ)を行い、イラクの親イラン派民兵の武装組織”PMF”を支援しています。

コッズ部隊はイラン革命防衛隊の特殊工作部隊で、主に海外での破壊工作を担当している。

PMFはそんなコッズ部隊の指揮下にあるイラクのシーア派民兵の集合体である。

引用:JBpress

ソレイマニ司令官のテロ行為は、軍事攻撃だけでなく、一般市民への殺戮も行われています。

  • イラクで、PMFがISと戦う過程で、スンニ派住民を大規模に虐殺・殺戮
  • シリアで、一般住民を虐殺するアサド政権を支援
  • アサド政権を死守するため、複数の町を封鎖し飢餓地獄を強いた

ソレイマニ司令官はなぜ殺されたのか?

事の発端はイラクでの反政府デモ!

ソレイマニ なぜ殺された

イラクでは、民衆が腐敗したイラク政府に対し、反政府デモを起こしています。

この反政府デモは”反イランデモ”へ拡大。

ソレイマニ司令官が支援している、イラクの親イラン派民兵武装組織”PMF”の中で最強硬派である”カタイブ・ヒズボラ”は実弾でデモを弾圧し、400人以上の死者が出ています。

”カタイブ・ヒズボラ”は、2019年11月~12月にイラクの米軍基地、アメリカ大使館を11回攻撃するテロ行為を行いました。

ソレイマニはさらに大きなテロを計画していた?

本来”カタイブ・ヒズボラ”への対応は、イラクの警察や軍がするべきですが、イラク政府は事実上イランに牛耳られているため、無反応を貫きます。

これに対し、アメリカがイラク政府へ「安全を保障するのはイラクサイドであるべきでアメリカではない。」と警告するも、イラクは対応をしませんでした。

こうした局面で、ソレイマニ司令官はバグダッドに入り、配下の”カタイブ・ヒズボラ”司令官と合流。

ソレイマニ司令官はこれまでもテロ行為の際は現地で指揮する姿が目撃されており、今回も次の作戦の準備のため、バグダッド入りしたと考えられます。

今後更に重大なテロ行為を防ぐため、トランプ大統領はソレイマニ司令官殺害を決行しました。

アメリカ、イラクの声明は?専門家の見解も!

今回のソレイマニ司令官殺害に関して、アメリカは

  • ソレイマニ司令官はイラクと中東全域でアメリカの外交官や軍を狙った攻撃計画を積極的に策定していた。
  • 戦争を止めるために実行した。始めるためではない。
  • イラン政権の変化を求めているわけではない。

と声明をだしました。

一方イラン政府は「ソレイマニへの犯罪的攻撃は、中東での最悪な戦略ミスとアメリカは自覚すべき。これによる責任を簡単には逃れられない」と声明を発表。

専門家は「主権国家に対する戦争行為という以外に説明しようがない」と見解を述べています。

ソレイマニ どうやって
ソレイマニ司令官はどうやって殺された?場所・方法・他の犠牲者まとめ2020年1月3日、アメリカがイラン革命防衛隊・コッズ部隊のソレイマニ司令官を殺害したと発表しました。 イランの司令官であるソレイ...

【まとめ】ソレイマニ司令官が殺害されたのは、さらに重大なテロ行為を防ぐため!

ソレイマニ司令官は、これまでも中東に対し重大なテロ行為を繰り返していますので、アメリカは苦渋の決断だったのかもしれません。

ソレイマニ司令官殺害により、第三次世界大戦勃発か!?との意見もでていますが、どうなっていくのでしょうか・・・