アナウンサー

八木亜希子の復帰はいつ頃になるか調査!線維筋痛症の病気療養で明石家サンタ欠席

八木亜希子 復帰 いつ 線維筋痛症

毎年クリスマスの夜に放送されている「明石家サンタ」。

第1回目から、明石家さんまさんとタッグを組んで出演していた八木亜希子アナですが、線維筋痛症のため欠席することが発表されました。

八木亜希子アナは、全てのスケジュールをキャンセルして、療養に専念するそうです。

線維筋痛症だと、どれくらいの期間で復帰出来るのか調べてみました。

八木亜希子の復帰はいつ頃になる?線維筋痛症はどんな病気?

八木亜希子 復帰 いつ 線維筋痛症

八木亜希子アナの病気については、東スポが以下のように報道しています。

八木の所属事務所は「数日前から原因不明の体調不良が続き、回復の兆しがみられない為、医療機関にて診察を受けたところ、線維筋痛症との診断を受けました」と説明した。

線維筋痛症とは、どのような病気なのでしょうか?

線維筋痛症とは?

線維筋痛症とは、関節や筋肉、腱など全身にわたり慢性的な激しい痛みが生じる病気を指します。強い痛みに関連して、不眠やストレス、抑うつ状態を引き起こすこともあります。線維筋痛症は、中高年の女性に多いとされています。

メディカルノートより

線維筋痛症は、慢性的に関節や筋肉、腱など全身に痛みが持続する病気です。

痛みの程度は強く、光や音、髪が触れた程度の軽い刺激でも、激烈な痛みが生じることもあります。

線維筋痛症を発症するのは30代~60代の女性が多く、国内では推定200万人の患者がいると言われています。






線維筋痛症の原因は?

線維筋痛症が発症する原因は何でしょうか?

遺伝的な要因、感染症、心理的・身体的なトラウマなどが誘因として指摘されていますが、確実な原因はこれまでのところ特定されていません(2018年3月時点)。

また、脳における痛みの情報処理の過程に何かしらの障害が存在する可能性も指摘されています。痛みは、問題が生じている部位からの信号を脳が受け取り、それに呼応する形で脳が「痛み」として危険信号を発信することで発生します。線維筋痛症は、この連携体制に異常が生じていることが原因となり発症するのではないかと推定されています。

メディカルノートより

原因は、まだはっきりとは判明していないようです。。

八木亜希子の復帰はいつ頃?

八木亜希子 復帰 いつ 線維筋痛症

療養に専念するため休養に入った八木亜希子アナ。

線維筋痛症の治療期間と復帰時期は、どれくらいになるのでしょうか?

現時点では確実に効果のある治療法がみつかっておらず、薬物療法や非薬物療法を含めた対症療法が主体になります(2018年3月時点)。検査所見で異常を認めることができないため、「痛み」という主観的な自覚症状が鍵となる病気であり、周囲の理解も必要とされます。

メディカルノートより

はっきりとした原因が分かっていないため、治療法も確実に効果のある方法というものは見つかっていないようです。

線維筋痛症は根本的な治療法は無く、患者の症状に合わせて薬が選択されています。

  • 抗うつ薬とけいれん薬
  • その他の薬(疼痛に対しての鎮痛剤や抗炎症薬など)

症状の強さは人によって差があり、薬の効果や改善も個人差がある線維筋痛症。

休学・休職の期間は平均3.2年とされています。

八木亜希子アナの復帰も、早くても3年はかかるかもしれません。

睡眠不足や精神的ストレスなどでも症状が左右されることもあるので、八木亜希子アナにはゆっくりと療養をして欲しいですね。