音楽

盧佳那(ろ かな)は韓国人で身長は?実家がお金持ちで父親の職業がすごい?

盧佳那 中国人

盧佳那さんは”高嶋ちさ子と12人のヴァイオリニスト”のメンバーでもあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 長崎、福岡公演をもってツアー千秋楽を迎えました!! 今季は43公演6万人のお客様を動員したそうです🤭🎊🕊✨ちさ子さん、亜紀さん、メンバー、スタッフの皆様、そして全国のお客様への感謝の気持ちが溢れてとまりません…!🥺 今はほっと一息な感じですが、またあっという間に次も始まるんだろうなぁ〜😽🌵🌸パワーアップしたステージをお届けできるよう、気持ちを新たに頑張るので待っていてください💓 9月から温かい応援を送ってくださったお客様、そしてファンの皆様🥺❤️本当に本当〜にありがとうございました!!! #千秋楽#みんなのことが大好き❤ #高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト

Kana Roh 盧 佳那さん(@kanaviolin)がシェアした投稿 –

とっても美人でキュートな方ですよね!

「盧」という名字から、韓国人という噂がありますが、実際はどうなんでしょう?

また高身長でスタイルの良さも気になりますね。

今回はそんな盧佳那さんの国籍・身長・そして実家について調べてみました!

盧佳那プロフィール

盧佳那 プロフィール出典:盧佳那Twitter

[box class=”box25″ title=”◆プロフィール◆”]

名前:盧佳那(ろ かな / Kana Emory Roh)

生年月日:1994年9月24日(24歳 ※2019年8月現在)

出身:米国 ニューヨーク

趣味:海外ドラマ観ること、ランニング

所属:高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト、JPCO(Japan Popular Classics Orchestra)

[/box]

アメリカ生まれの盧佳那さんは3歳から日本に住んでいます。

6歳からヴァイオリンを始め、桐朋女子高等学校音楽科(音楽専門の高校)・桐朋学園音楽学部を卒業されており、数々賞を受賞しています。

盧佳那の受賞歴

  • 第56回 鎌倉学生コンクール 2位
  • 第13回 日本演奏家コンクール 全国大会入賞
  • 第23回 日本クラシック音楽コンクール 全国大会入賞
  • 第21回 河口湖ヴァイオリンセミナー 優秀者受賞・ハーフリサイタル開催

高嶋ちさ子さん率いる”12人のヴァイオリニスト”には2015年からメンバーとして参加され、コンサートで全国を回っているそう。

[note title=”高嶋ちさ子12人のヴァイオリニストとは?”]

2006年に高嶋ちさ子さんが立ち上げた、”観ても、聴いても、美しく、楽しい”ヴァイオリン・アンサンブル。

コンサートでは、クラシックの名曲のみならず、様々なレパートリーを12本のヴァイオリン・アレンジで演奏する。

お客さんが参加できるコーナーや振り付けを加えた演奏など、ヴァイオリンを身近に感じられるステージ構成で、毎年全国リサイタルをする人気っぷりです!

[/note]

2015年だと盧佳那さんが20歳の時なので、大学生から参加しているんですね!

ヴァイオリンしかしていなかった盧佳那さんを心配したご両親からは、社会人経験を積みなさいと言われ、焼肉屋さんで1ヶ月アルバイトしたころがあるそう。

石焼ビビンバが重くて持てなかったそうですよ。

また、2019年に通っている教習所では、意外とおっちょこちょいなエピソードも(笑)

盧佳那は韓国人って本当?

盧佳那 中国人 華僑出典:盧佳那Instagram

「盧」という名字は日本ではとても珍しく、490名くらいしかいないそうです。

イメージとしては中国人や朝鮮半島に多い感じがしますよね。

調べてみると、盧佳那さんがSNSで国籍についてファンからの質問に答えていました。

盧佳那さんは、韓国系クオーターだったんですね!

あるコンサートでも日本在住の韓国系アメリカ人と話していたそうです。

やはりクオーターは、ナチュラルな美人の方が多いですね♪

盧佳那の身長が高い?

盧佳那 身長出典:盧佳那Twitter

盧佳那さんは誰かと一緒に並んでいると、背の高さが目立ちます。

盧佳那さんは身長が170cmと、女性にしては高身長ですね。

そのスタイルの良さと美貌を生かして、モデルとしても活動している盧佳那さん。

コンサートでもよく着用している「東京ソワール」の専属モデルをされています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 先日のリサイタルでも着用させて頂いたドレス👗✨ 東京ソワールさんのものです♬ . 東京ソワールさんには衣装協力という形で専属スポンサーになって頂いており、ドレスモデルの方も務めさせて頂いております。このお写真も今後広報の方にどんどん載っていくと思われますので皆様要チェックおねがいします☺︎❤︎ . 今まではフォーマル服といえばソワール!でしたが、 これからはロングドレス、カラードレスといっても ソワール!!ですね💚👗💫✨ . #dress#longdress#colordress#stagedress#tokyosoir#instagood#ドレス#カラードレス#ロングドレス#東京ソワール#音大生#演奏家#舞台衣装

Kana Roh 盧 佳那さん(@kanaviolin)がシェアした投稿 –

盧佳那の実家は金持ち?父親の職業は?

盧佳那 実家 父親出典:盧佳那Instagram

子供の頃からヴァイオリンを習い、プロになった盧佳那さんの実家はお金持ちなんでしょうか?

まずは、プロのヴァイオリニストになるための費用を調べてみました!

[safe title=”プロのヴァイオリニストになるための費用はいくら?”]

  • 一流の先生によるヴァイオリンレッスン代:毎月10万前後
  • 一流の先生によるピアノレッスン代:毎月3万前後
  • 一流の先生によるソルフェージュ(聴音や視唱)レッスン:毎月3万前後
  • ヴァイオリン(本体)代:600万~2,000万
  • ヴァイオリンの弓代:100万~300万
  • コンクール・発表会(衣装代、弦や弓の張替え含む):年30万

[/safe]

その他音大費用などを入れると、トータル5,000万円ほどでプロのヴァイオリニストになる”可能性がある”という計算になります。

盧佳那さんはこれまでに、伊草まり子氏、窪田茂夫氏、漆原朝子氏、徳永二男氏、そして2015年ウィーンマスタークラスに参加し、Pavel Vernikov氏に師事しています。

医学部に進むくらい費用がかかると言われている金額を払えるお父さんの職業が気になるところですが、残念ながら父親に関しては一般人のため情報が見つかりませんでした。

情報が見つかり次第、追記していきますね。

盧佳那まとめ

韓国系クオーターだった盧佳那さん。

”高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト”以外にも高身長を生かしたモデルやソロ活動と、盧佳那さんは精力的に活動をされているそうです。

今後もテレビなどで目にする機会も多くなりそうですね。

父親の情報は見つからなかったので、今後も追っていきたいと思います。

SNSでは愛猫との写真も沢山アップされているので、気になる方は見てみてください♪